インド人は三食カレーを食べるか

インド在住。現地での生活や食べ物の話等々。日本人ですが毎日何かしらカレーを食べてます。

インドの怖いもの・その1

time 2016/01/24

インドに限らず、アジアを旅行したりする際に気をつけなければならないもの、それは…
9 November 2012 603.JPG

犬!

そう、野良犬です。
誤解の無いよう言っておきますと、僕、犬は大好きです。もともと実家で柴犬飼ってましたし。
ただ、アジアの野良犬は、サイズも大きく去勢もされていないため、ちょっと元気すぎるというか、野生が強いというか。
新参者が彼らの縄張りに行くと、相手が犬だろうが人だろうが、もうギャンギャン吠えます。
ただ、それよりなにより一番怖いのが、狂犬病への感染です。
狂犬病とは…
・主に狂犬病に感染した動物に咬まれ、唾液中に排出されるウイルスが傷口より体内に侵入することにより感染します。
・強い不安感、一時的な錯乱、水を見ると首(頚部)の筋肉がけいれんする(恐水症)、冷たい風でも同様にけいれんする(恐風症)、高熱、麻痺、運動失調、全身けいれんが起こります。その後、呼吸障害等の症状を示し、死亡します。
・一旦発症すれば効果的な治療法はなく、ほぼ100%の方が亡くなります。
(厚生労働省HPより)
…いや、怖すぎるだろマジで。
ちなみに、2年ほど前にフィリピン留学をしたとき、でっかい1匹の野良犬に追い回され、死ぬほど怖い思いをしたことがあります。
なので、今回も犬には気をつけなきゃなーと思ってインドに来たのですが、僕の住んでる家のまわりは、常にこんな感じです。
IMG_20160117_083717.jpg
いやいや、多いから。プレデター3か。
さて、デリーに来て2日目の夜の事。
帰りが遅くなったため急いで家に向かう途中、運悪く、この写真のうちの1匹(手前の黒いやつ)と遭遇しました。
犬は夜になると特に活動的になるため、あ、やばいなーと思って思わず少しよけたのですが、それがまずかった様子。すぐに後ろから唸り声がし始め、それがゆっくりと近づいてくるのがわかります。
こっちも走らないように、その場所からゆっくり離れようとするのですが、そのうち唸り声がマジ吠えに変わり、おまけに仲間も数匹集まってきて、少しずつ僕との距離を詰めてきます。
気が付けば、犬4匹 VS 僕1人。いよいよヤバいかも、と思ったその時に、近くでサモサを売ってた見知らぬおじさんが颯爽と登場。
彼は、まったく恐れる風もなく、ずかずかと犬達に近づくと、一匹ずつ思いっきり頭を殴っていきます。
素手で。
マンガみたいに、「キャインッ!」と鳴きながら逃げていく犬達。
それの様子をぽかんとしながら眺める僕に、彼はヒンディ語で一言何か言った後、何事もなかったように自分の露店へ戻っていきました。いや、カッコいい。
無事家に着き、インド人のビジネスパートナー(※僕は彼の家に居候しています)に、犬に襲われたことを話すと、彼は大爆笑。そのときに教えられたのですが、
・犬の横を通り過ぎるときは、急いだり、急に素早く動いたりしない。
・怖いと思う気持ちは彼らに伝わるので、動じないように、なんならスマイルで。
・1~2週間も住めば、彼らは僕を「害のない顔見知り」と認識しはじめる。
・そうなると、夜に会っても平気。
との事。実際、2週間もたつと、吠えられたりすることも無くなりました。
一応の「仲間」、と認められたんでしょうか。ただ、間違いなく力関係は、
サモサ売りのおじさん ≫ 犬 > 僕
って感じですね。
ちなみにもし万が一咬まれたら、すぐに患部を石鹸で洗った後、病院へ行ってワクチン注射を打ってもらう必要があるとの事。
発症するとほぼ100%死ぬ恐ろしい病気ですが、狂犬病ウイルス自体は、生命力の弱いウイルスだそうで、正しい処置をすれば発症はしないそうです。
※これから海外、特にアジアへ行く人は、一通り読んでおいてもいいかも。
・厚生労働省検疫所
https://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name47.html

sponsored link

コメント

  • はじめまして!
    ブログが始まって以降、楽しく読ませて頂いてます。
    インドでのビジネスを検討中でどの様なかたちで日本語学校を経営し始めたのかきっかけに興味があります。
    これからどの様にして給料0円ではなくなるのか、楽しみにブログを読ませて頂きますね!笑
    色々、デリー、またはインドでのビジネスの事をお聞きしたいのですが、
    お時間があったらご連絡をお待ちしてます。

    by Kayo €2016年1月25日 10:58 PM

  • Kayo様
    コメントありがとうございます!
    インドに来るに至ったきっかけ、経緯なども、順次書いていこうと思っております。僕なんかの経験が参考になるかはわかりませんが 笑
    どうぞよろしくお願いいたします。

    by ファン太郎 €2016年1月26日 2:29 PM

down

コメントする