インド人は三食カレーを食べるか

インド在住。現地での生活や食べ物の話等々。日本人ですが毎日何かしらカレーを食べてます。

インドの会社のロゴを「ランサーズ」で作ってみた

time 2016/10/20

インドの会社のロゴを「ランサーズ」で作ってみた

学校が本オープンして9か月。
試行錯誤をしつつ、なんとか学校の運営を回せるようになってきたので、以前から気になっていた問題点を解決することにしました。それは、

会社のロゴがクソダサい事。

まだ僕が誘われる前、立ち上げ直前に忙しかった相棒が急ごしらえで作ったロゴなので、あまり文句は言いたくはありませんが、デザイン自体のいかさなさ加減に目をつぶっても、

・漢字がどストレートなゴシック体
・日本地図に沖縄が無いし、樺太が入っちゃってる
・日の丸のマーク、日本にでかい爆弾を落とした風に見える

と、ツッコミどころ満載。
うちの学校は日本留学に力を入れているため、日本人の方とお会いすることも多く、名刺交換の度に若干恥ずかしい思いをしていました。
「ロゴなんてどうでもいい」という相棒を説き伏せて、なんとか予算ゲット。折角インドにいるので、最初はインドのデザイナーがいいなと思ったのですが、「信頼できる人を探すのが難しそう」「進めているプロジェクトの都合で納期がある」という理由から、日本の「クラウドソーシング」を使ってロゴ募集する事にしました。
今回使ってみたのが、このサイトです。

ランサーズ
http://www.lancers.jp/

詳細な説明は省きますが、「ランサーズ」はフリーランスで活動しているプロ、セミプロのデザイナーさんが多数登録しているサイトです。こちらがクライアント側として仕事を依頼すると、それに見合った提案を登録しているデザイナーさんから受けられる、というサービスです。
※ランサーズの登録や仕事の依頼方法等を知りたい方は詳しいサイトさんがありましたのでURL貼っておきます。

実際どうなの?『ランサーズ』を使ってLIGブログ編集部のロゴデザインを依頼してみた

今回は、「日本のサービスは高いから嫌」と言っている相棒を黙らせるため、とにかく数を集める事が必要でした。そのため、複数の提案の中から選定できる「コンペ形式」での依頼を選択。実際の依頼内容は以下のような感じです。

依頼:インドにある教育関連会社のロゴ制作
報酬:21,600円(コンペの場合の最低額)
期間:1週間
希望:
・色は赤と白がメイン
・シンプルなデザイン
・「インドと日本を結ぶ輪を担う」という経営理念を表現してほしい

上記のような依頼内容を入力したら、あとは待つだけです。
予算の都合上、報酬は最低ラインの「2万円」。募集直後は「集まらなかったらどうしよう…」と不安でしたが、1日目にして早くも11件のデザインが集まり、最終的にはトータルで48件ものデザインが集まりました。
その中から最終的に選んだデザインがこれ↓

シンプルで汎用性があり、キーワードである「結ぶ」「輪」を取り入れてくれたなどが選んだ理由です。
結果として、クオリティの高いロゴを作ってもらえた事、1つのデザインあたり500円以下で集められた事を考えると、発注側としてはコスパが高く便利なサービスだと思います。個人的には、「ロゴなんてどうでもいい」とさんざんのたまった相棒が、「カッコいいね、ちゃんとした会社みたいだね」と言いながらニヤニヤしていたので大満足です。

※詳しいコンペの内容を知りたい方はこちらからどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

sponsored link

down

コメントする